援助交際から離れられない人々

その先に大きな危険が待っていると分かっていても、男性たちを引き付けるのが援助交際です。
女性の生計を立てる手段として古今東西問わず普遍的に需要のある売春ですが、現代の日本では違法行為になっているのでそれが発覚するとタダではすみません。

ばれさえしなければいいかもしれませんが、情報社会の現代ではちょっとした噂もあっという間に広まってしまいますので、いつでもどこでも油断はできません。
お金目当ての女の子たちはもちろん、男性たちも若い女の子と遊びたいという願望や欲求不満、ストレス解消のための手段としてどうしても援助交際に手を出してしまう人も少なくないです。

お金を払って簡単に異性を手に入れる快感を味わった男性は、ばれたときのリスクを承知しながらでもやめられないかもしれません。
若い女の子とホテルで行為をしている間は良くても、それが住んでしまえば後で強い後悔や虚しさ、そして後にばれるかもしれないと考えたときの強い不安や恐怖にも襲われると思います。

お金を媒介にしているだけの関係二は結局虚しさだけしか残らないので、若い子たちとの恋愛気分を楽しんでいた男性も、結局は満足できないのではないでしょうか。女の子たちの目的はお金でしかないと考えると、自分の価値についても考えさせられます。
後でばれないように工夫をしていなければ神経を休ませる暇もありませんが、特にインターネットで女の子と知り合った場合は、援助交際サイトのログから警察に辿られる危険性もありますのでその点にも注意していなければなりません。

援助交際が後を絶たないのはなぜか

援助交際を経験すると、男性にとってもその相手になった若い女性にとっても、その後の人生に暗い影を落とすことは、それまでの報道出も明らかになっているはずなのに、それでもなぜわざわざ手を出そうとする人が後を絶たないのか、疑問が湧いてきます。

売春の歴史は実は数百年も前から続いている古いもので、本質的にはやっぱり需要があるために援助交際も完全になくすのは難しいのかもしれません。
女性にとって体を売ることは我慢をすれば一番稼げる手段ですし、男性もお金を払って手軽に性欲を解消する方法としてはありがたいものでしょう。

若い女の子の場合は、身体的に見ても一番の稼ぎ時と言っていいですから、援助交際で体を売る側からも買う側からも根強い需要があるのでしょう。
しかし、男性と若い女の子の間ではやはり力関係矢玉試合によるトラブルも発生しやすく、傷害事件や監禁にまで発展したりして、全国的に犯罪として報道されるケースもあります。

最悪の場合命を奪われてしまったりしまうこともあるので、若い女の子たちも安易に援助交際に手を出さないようにするために、その危険性やリスクを徹底的に周知するべきだと思います。

違法だと分かっていてもわざわざ援助交際に手を染める男性が良い人であるわけがありませんから、会うだけでもかなりのリスクがあるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ